本格焼酎とは?

ご注文はお早めに!

いつもご利用ありがとうございます。

ただいまプレミアム焼酎の在庫が品薄になっております
ご迷惑をおかけいたします。

ご注文は在庫があるうちにお早めにご利用ください。

また売切れの際はご容赦ください。

焼酎の分類と本格焼酎

こちらのサイトを訪問されている方はなんとなくわかっていることかと思いますが、せっかくなのでいま一度、焼酎の分類をご案内します。

 

いつも楽しんでいる焼酎には『甲類』と『乙類』という分類があります。

 

ラベルに記載されているので目にしたことがあるかとおもいます。
どちらも焼酎ですが、原料や製法にはいろいろと違いがあります。
もともと、この呼び方は1949年に設定された酒税法上の区分ですが、ここでは焼酎のこの二つの分類をご案内します。

 

 

『甲類』焼酎とは

 

甲類焼酎はむかし、「新式焼酎」と呼ばれていました。
文字通り、伝統的な焼酎に対して「新しい」製法の焼酎という意味です。

 

乙類焼酎との一番の違いは単式蒸留器ではなく、連続式蒸留器で蒸留を行なっていること。

 

焼酎のもととなる醪(もろみ)を連続的に供給し、蒸発、分縮、還流という複数の行程により純度の高いアルコールを取り出します。
取り出した高純度のアルコールを加水して、36度未満に調整します。

 

こうして抽出された焼酎甲類は何度も蒸留するために原料の風味が除かれ、無色透明でピュアなクセのない味わいが特徴です。
そのためチューハイやカクテル、梅酒などの果実酒のベースに利用されることが多いです。

 

 

『乙類』焼酎とは

 

焼酎乙類はむかし、「旧式焼酎」と呼ばれていました。
新式焼酎に対して「旧式」製法の焼酎という意味です。

 

こちらがいわゆる『本格焼酎』です。

 

甲類焼酎と違い単式蒸留器で蒸留を行います。

 

単式蒸留ではアルコール以外に原料の香味成分も抽出されます。これが焼酎の風味や味わいになります。
原料は非常にバラエティに富んでおり、米、麦をはじめさつまいも、そば、黒糖などが使われています。

 

ロックやお湯割りで焼酎本来の味わいを楽しみます。

 

 

『混和』焼酎とは

 

甲類焼酎と乙類焼酎を混合したものを「混和焼酎」といいます。
ブレンドにより甲類のクセのなさと乙類の香りや風味といった長所を活かしています。

 

甲類、乙類どちらをベースにするかで呼び方が異なり、甲類が50%以上95%未満であれば「甲類乙類混和」、5%以上50%未満の場合は「乙類甲類混和」となります。

 

有名なところでは『しそ焼酎 鍛高譚』が甲類乙類混和です。